電気工事の仕事には、いろいろな資格が必要です

電気工事の仕事には、いろいろな資格が必要です。
電気が好きな人は、電気工事士の資格を取って電気工事の会社に就職しようと考えます。第二種電気工事士を学生のときに取得しておけば、その後の第一種電気工事士、電気施工管理技士など若いうちに取得しやすくなります。
電気工事の第一歩は、第二種電気工事士の資格が必要です。きちんと問題集を勉強して、実技を体で覚えれば受かります。
その次の資格が第一種電気工事士です。試験は、誰でも受験することが出来ますので、若いうちに受験することをお勧めします。
そして、電気の工事をする時には、電工さんだけでなく、さまざまな人が電気の工事に関連して仕事をします。ハンドホールの設置には土工、LANケーブルなどには弱電、自動火災報知器の設置は自火報、などなど各種の専門の業者がいます。
この電気に関連した設備をまとめて監督として管理する現場代理人という仕事があります。電気設備工事の現場代理人が電気に関すること全てを管理します。
この現場代理人が持っている資格が電気施工管理技士です。、国土交通省の電気施工管理技士という国家試験です。1級と2級があり、それぞれ受験資格があります。
このサイトは、この監督として必要な資格をまとめました。現場代理人をとして持っている資格を順番にまとめました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする